稲田悦子物語

著・梅田香子 YOKO UMEDA

第11章 芝浦スケートリンク

f:id:mmcompany:20181114234432j:plain

1935年11月25日、第6回全日本フィギュアスケート選手権がはじまった。

まず11月25日に、山王リンクでジュニアの男子と女子のスクール競技(規定)。

翌26日には、新宿の伊勢丹スケート場にて男子の選手権クラスと男子と女子がスクール競技。

27日、芝浦リンクで全選手の自由演技という予定が組まれた。

というのも、山王リンクにしても、20メートル四方ほどの広さ。国際試合規模の自由演技には狭すぎた。

そうなると、過去に使用したどこのリンクも条件に当てはまらない。

例外は東京市西芝浦4丁目に完成した芝浦リンクだけ。ここは60メートル×26メートルという国際競技の規定を満たす広さで、客席は3千人分。バスルームやシャワールームも備え、東洋一という呼び声が高かった。事実そのとおりだったはずだ。

噂の天才少女が滑るという評判がたちまち広まる。

マスコミも観客もかなり集まった。ブルジョワ階級一色の山王リンクと違って、ここは宮様から下町っ子までかなり客層が幅広い。

来栖一家も吉田和子も来てくれた。和子の兄の吉田正男と来栖良は、フランス人が創設した暁星中学校に通う仲だ。

悦ちゃん、普段どおりに滑ればいい。いつもどおりだよ」

そういう永田のほうが緊張して、同じセリフばかりだ。声が震えているのは、氷の冷たさのせいだろうか。ここは見渡すかぎり、画期的な氷の世界だ。

否応なしに緊張は高まる。光次郎もハツも興奮気味で心臓が破裂しそうだ。が、しかし、悦子の前ではできるだけ落ちついた表情をしよう、と内面では戦っていた。

全体のレベルは年々あがっている。

男子の上位争いは接戦になった。規定では1位は慶応大学の長谷川次男で、847.30点、2位は五輪経験者の老松一吉で842.70点で差があまりない。3位は関西学院の片山敬一がつけた。

女子のジュニアクラスのほうに中村衣子、月丘芳子らに有望株がいた。中村衣子は現在国際審判員の平松純子の祖母、老松は父親となる。

選手クラスもジュニアクラスも悦子より年長、男女ともに20歳前後の大人ばかり。

後ろ向きに滑るバックループ・チェンジ・ループでもたつく選手が目につく。尻もちをついてしまう者が続出した。

悦子の目がきらり、と氷のように光る。このバックループなら、もっとも得意としている。これなら誰にも負けない。

さあ、いこう。順番が回ってきた。私は鳥になろう。

小さな体でぽんと、飛ぶように氷にのり、そのまま定位置につく。滑りだす方向を指示してから、ぐんぐん加速していく。規定の安定感とスピードは圧巻だった。

ダントツの965.50点を叩きだす。2位の東郷球子たちをまったく寄せ付けなかった。それどころか、悦子の得点は天井知らずだ。あきれたことに、殿方の1位を飛び越えている。

 

 

1月27日。いよいよ自由演技である。

女子の出場選手21人のうち、悦子は7番目。まあまあの滑走順だ。

永田はぎりぎりまで悦子のスパイラルについて、迷っていた。

スパイラル。バレエ用語でいうアラベスク、片方の足を高くあげるポーズを指す。もっとも女性らしく、美しい技のひとつとされていた。

アンナ・パプロワが来日公演して以来、バレエファンは急増した。ロシア革命でスターダンサーたちが何人か日本に亡命して、バレエ教室を開いたりもするようになっていた。

欧米のスケート選手たちはあたりまえのように、バレエやダンスを習う。けれども、永井にはそういう知識がなかった。両手をひろげて、手の平を上にみせただけで、

「観客にこびているダメな振付だ」

と決めつけられた。

したがって、悦子の「ミリタリー・マーチ」はかなりスポーティーで、男っぽい振付に仕上がっていた。スパイラルが唯一といっていいほど、女らしい見せ場だった。

永井はオリンピック帰りの老松らの助言に従い、

「欧米の女子選手は頭よりも高く片足をあげて滑りなさい」

と悦子に指導した。

とあーっという声をあげて、思い切りよく、100度ぐらいはあげてしまう。スカートの下は白木屋デパートの火事以降、大流行の提灯ブルマーを着衣している。

ところが、何度か麹町警察から警官が飛んできて、

「風紀を乱す行為だ」

と説教された。インストラクターの小林が外務省に頼み、説明に行ったりもした。

ペア競技はすでに麹町警察から禁止されてしまった。

スパイラルは男子は必ずしも入れないエレメンツなのだ。

他の女子は悦子よりもっと年長で、10代後半から20代といえば、当時の結婚適齢期。スカートの中を見せるなんて、

「とんでもない」

と傍で顔をしかめる良家の子女が多かった。

この日の練習滑走でも、悦子がスパイラルに入ると、おもわず小学生らしい自分の子供の両目を手で覆ったりする親子が観客席にいた。

軽い体操をして体を温めてから悦子は黒い靴下をはき、黒いスケート靴をすばやく履いた。永井は声をかけた。

「人という漢字を手の平に書いてそれを飲みこんでしまいなさい。緊張したり、あがったりしなくなるおまじないです」

「はい、わかりました」

うなづいてから、リンクの中央にむかって、ポーズをとりながら曲がかかるのを待つ。

観客が多いせいか、いつもよりポータブル蓄音機の音は聞き取りにくかった。

なんとかスタートしたのがわかった。あとは自分でカウントを取りながら、演技をつづけるだけだ。

スピードをつけたまま、両足を180度ひろげてイーグルの姿勢で、リンクを端から端まで横断する。それからジャンプ。すべて1回転なので、自信はあった。

まず最初はサルコー、それからルッツ。

1つめのジャンプで自信をつけて、2つめにいちばん難度が高いジャンプをもってくる。

なにしろ演技時間は5分。男子と変わらない長さだ。体力のある前半に難しいジャンプを集中させるほうが確実だ。

後半の見せ場がきた。悦子は勢いをつけて滑りながら、思い切りよく片足をあげた。

おかっぱ頭よりも30センチぐらい高く黒いスケート靴が上昇していく。上へ、上へ、上へ。

白手袋の両手をさっとつばくろのように開いた。

日本ではじめてといってもいいほど、豪快で優美、見事なスパイラルだった。

カシャーン、カシャーン、カしゃーん、カメラのシャッターを切る音とクロマシウムのたかれた匂いが、たちまち氷の上に漂いはじめた。明日の新聞はこのスパイラルの写真がスポーツ欄を飾ることになるのだろう。

恥ずかしいことなんてない。これはスポーツであり、踊りであり、芸術なのだから!

一瞬の沈黙の後、嵐のような拍手喝さいが沸き起こった。

息が切れてきたが、スピードを落とさないよう、ディープエッジを心がけた。

あっというまにエンディングのポーズがきてしまった。

審判団がノートにいろいろ書き留めながら、あれこれ思案している。ほんの3分ほどだったが、長く感じられた。

さっと審判たちの両手があがり、それぞれ得点の書いたカードをもっている。

自由演技の合計点は903.42!

男子の上位3名も自由演技では3名とも700点台に終わっていた。

日本のフィギュアスケート界に初代女王が生まれた瞬間だった。

 

普通の女の子みたいな生き方は嫌だ。もっと何かこう、常に特別な目標をもった大人になりたい。

悦子は漠然といつもそう考えていた。つまらないことで腹をたてたり、意地悪したり、人を妬むような心を一瞬たりとも持ちたくない。

ティーンエイジャーたちが持つ身体は、大人が考えているよりもずっと丈夫なのだ。若い細胞はすばらしく活発なので、疲れも一晩寝たらとれてしまう。子どもらしい遊びの心や学校生活はすべて投げ捨て、1日も欠かさず、練習して、練習して、練習して・・・・。悦子が求めたもの。

それはスケートをとおして、世界中の人との出会い、高みへの挑戦、氷と踊りの融合した美を表現すること。オリンピックはその先にある通過点にすぎない。 

手元に翌日発行の「読売新聞」の切り抜きによると、新聞記者に囲まれた悦子は、

「うちなア、ソニア・ヘニーの姉ちやんだけがこはいんや」

と大胆発言したことになっている。

「あゝ!この大胆不敵の十三歳の嬢はんがかの銀盤の女王ソニア嬢を向ふにまはしてガルミツシユのリンクに一騎討ちを演じ世界を驚倒させる日を待たう!」

もっとも悦子自身はこういう発言をした記憶がまったくないそうだ。

 

「うーん、そんなこと話したのかしら?あんなにたくさんの新聞記者に囲まれたことはなかったから、私は緊張してしまい、ほとんど言葉がでなかった記憶が残っております。“この八月神戸新開地のリンクに通ふ便宜のため大阪市北区天神筋町四一から阪急沿線塚口に居を移したほどの両親の理解とがあつた”とも書かれていますが、これは本当です。でも、それまでの店が手狭になったから、新しい場所をさがしているという事情もあったんですよ。もうオリンピックの前年はほとんど東京の山王スケート場で練習していましたからね」(稲田悦子談)

 

ちなみに日本人がはじめて参加したスウェーデンストックホルム五輪への参加費用は、個人の負担で1,600円(現在の約400万円)かかり、出場辞退する選手もあいついだ。

1924年のパリ大会から政府が6万円を援助。新聞社をはじめとした民間企業の声がけで、寄付金を募るようになった。

アムステルダム五輪からは緊縮財政の大蔵大臣、高橋是清も納得して、予備費から派遣費用が捻出させた

1932年のロサンゼルス五輪からはようやく正式に政府の予算もつく。

さらに昭和天皇がご下賜金1万円を体協に与えた。5.15事件や長引いている満洲の問題、国体連合の脱退に心を痛めていて、選手たちの活躍を祈らずにはいられなかった。

女子フィギュアスケートはあくまでテストケースだ。なので、オリンピックへの派遣は1名。男子は2名。1位の関西大学院の片山敏一と2位、慶応大学の長谷川次男の2人が選ばれた。

もっとも「選手登録会議」の規定で、「第一候補以下の選手は自費の場合は直ちに正選手として追加す」という規則がある。つまり、この頃のオリンピックは出場選手の枠が今ほど厳格ではなく、国の代表として認められ、渡航費用さえ用意できたら上位の選手は出場することができた。

3位の老松一吉(大阪スケート倶楽部)と4位の渡邊善次郎(慶応大学)の2人も急きょ追加となった。   

フィギュアスケート選手団では老松だけが前回のレークプラシッド五輪と世界選手権出の経験者なので、何かと便りになる。

悦子はもちろん、父の光次郎とて海外旅行ははじめて。家族の分は自費になるので、光次郎は取引先の銀行に行ってすぐに千円を用立てた。

f:id:mmcompany:20181114234449j:plain