稲田悦子物語

著・梅田香子 YOKO UMEDA

最終回 エピローグ

「スケートの大衆化という云う題材こそ私がいつも夢に迄えがき、念願していたことの一つでありスケートを押し、スケートに生きようとする私にとつてそれは最も重大な課題であろうと思います。私はいつも心の片隅に一つの夢を画いて居りました。一人でも多く…

第21章 結婚と離婚、そして再婚

1946年の8月15日、唐突に終戦した。神風は吹かなかった。 終戦に尽力した外務大臣は、あの東郷いせの父親、東郷茂徳だった。いせは結婚して、軽井沢で双子を出産したばかりだと聞く。 満州でいきなり終戦を迎えた日本人たちは、取り残されてしまう。守…

第20章 戦時下のスケート

日本の新聞には連日、来栖三郎大使の名前と顔写真が載った。 悦子のまわりの大人たちは、 「いっぺんアメリカはんを叩かねばいかんでっしゃろ」 「ナチスドイツがヨーロッパを征服したのだから、日本もバスに乗り遅れないようにせんと」 戦争への賛同する声…

第18章 五輪返上

1937年、正式決定したはずの東京と札幌五輪の開催が、1938年には暗礁に乗り上げつつあった。 とくに札幌五輪のほうはまだ準備どころではなく、微調整に追われていた。 東京で着工していた施設も、鉄不足で中断を余儀なくされてしまった。 欧米の有力…

第19章 戦争の足音    

東京開催の権利を早々に返上した見返りなのだろう。 まもなくラトゥール委員長が、公式見解を明らかにした。 次のヘルシンキ五輪では、大日本帝国とは別枠で満洲国からの出場選手も、受け入れるであろう、と。 これまで日本軍の傀儡政権として、決して認めら…

第17章 スケート留学の夢

四頭馬車に乗った女神ヴィクトリア像、彼女は昔も今も、勝利の象徴なのだ。ブランデンブルク門の上から、美しく微笑みながら歴史を見つめてきた。 かつてナポレオン・ボナパルトのフランス軍に、このベルリンは占領された。この女神は戦利品としてパリに持ち…

第16章 東京オリンピック招へい

226事件の青年将校たちが最後に幕をおろした舞台。それが山王ホテルと地下のスケート場だった。 兵たちは家具を積みあげてバリケードを作っていた。ドアを固定するためにノブに針金を巻きつけてあった。中隊長は憤りにまかせて、日本庭園の木を日本刀で1本な…